BLOG ブログ

ブログ

住宅リフォームで固定資産税減額

少子高齢化が進み、子どもが巣立ったあともシニア層だけが住み続けるケースが増えています。 退職後や再雇用の期間など少しでも手持ち資金に余裕がある時に住宅のリフォームに取り組めば、住み慣れたマイホームでの生活期間を長くでき、住宅の価値を維持する効果も期待できます。

そこで役立つのが補助金や減税です。条件をクリアしたバリアフリー改修工事、耐震改修工事、省エネ改修工事を行った場合、必要書類を市区町村に提出し申告することで、固定資産税額が3分の1から2分の1減額されることをご存じでしょうか(工事の種類によって減額される固定資産税額や上限も違いますので、税務署の窓口などで詳細の確認が必要です。)。補助金や減税のポイントをしっかり把握してコスト削減を図ることをお勧め致します。

SHARE

ブログ一覧