BLOG ブログ

ブログ

不適正なサブリース契約の改善に繋がるか?「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が成立

6月12日に「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が成立しました。

賃貸住宅は賃貸志向の高まりや単身世帯、外国人居住者の増加等を背景に今後も生活基盤としての重要性は一層増大しています。

一方、近年は管理会社に管理業務を委託するオーナーが殆どであり、さらに賃貸経営を管理会社に一任するサブリース方式が増えオーナー又は入居者とのトラブルが増加し、特にサブリース方式では家賃保証等の契約条件の誤認を原因とするトラブルが多発し、社会問題化となっています。

このような賃貸住宅管理におけるサブリース業者を含む管理会社とのトラブルを未然に防ぐ為の「サブリース契約の規制」と管理業界の健全化に向けた「賃貸住宅管理業者の登録制度」が定められました。

この法律は、契約時にその内容を理解することに重点をおいており、事後的な救済に繋がらないと見る向きもありますが、サブリース契約締結後において必要があるときには「何人」でも国土交通大臣に対し、申し出を行い適正な措置をとるべきことを求めることができるとされており、契約当事者でなくとも親族や第三者でも誰でも求めることが条文上できるとこととなります。

不適正なサブリース契約の改善と不良業者の排除に繋がるものと期待しております。

SHARE

ブログ一覧